住宅ローン完済、おめでとうございます!
長い間の返済が無事終わって、まずは一安心ですね。
最後にもう一息、このままの勢いで抵当権の抹消手続きを済ましてしまいましょう。

抵当権抹消とは?

住宅ローンを組んで家を買うとき、自宅の土地建物に抵当権が設定されます。
設定された抵当権の効果により、万一返済が滞った場合、自宅は売却されてしまって貸付金は強制回収されます。

抵当権抹消とは、住宅ローンを完済後にこの抵当権を抹消する手続きのことです。

抵当権は、住宅ローンを完済すると自動的に抹消されるのではなく、法務局に抵当権抹消登記申請をしてはじめて抹消されます。
借入時と違い、銀行など金融機関の方で手続きをしてくれるわけではありません。

手続きをしなければ、完済しても登記記録には抵当権が残ったまま、見かけ上は住宅ローンが残ったままになります。
抵当権の登記が残っていると、後々、面倒なことになります。

抵当権を抹消しないでいると・・・

抵当権抹消は法律上の義務ではありません。また、期限があるわけではありません。
手続きが面倒、費用がかかる、忘れてしまった・・そのまま放置されている方もいらっしゃることでしょう。
しかし、抵当権を抹消しないことで後々、困るのはご自身かご家族です。

①そのままでは、家を売却できない

ローン完済により抵当権の効力はなくなっているので、家を強制売却されることはありません。
しかし、見かけ上、家は担保に入ったままです。家の購入者はその抵当権が効力があるのかないのか判断がつきません。
抵当権付きの家を買う人はいません。
家を売却するには、必ず抵当権が抹消されてなければなりません。

②必要書類を紛失してしまうかもしれない

抵当権抹消の際は、銀行から受け取った書類が必要になります。
書類を紛失してしまったら、再発行してもらわなければなりません。
銀行から受け取る書類の中に権利証(登記識別情報)がありますが、これは再発行されません。紛失してしまうと「事前通知」という特別な手続きを行うことになります。
余分な手間と費用がかかってしまいます。

③ご自宅の所有者が亡くなってしまうかもしれない

所有者が亡くなってしまっても抵当権は抹消されません。
相続したご家族が抵当権抹消を行う必要があり、面倒をかけることになります。

抵当権抹消は当事務所にお任せください

抵当権抹消手続きは、登記の専門家である司法書士にお任せいただいた方が安心です。

・時間と手間がかかりません。
・登記申請後、書類不備・書類不足で法務局から呼び出されることはありません。
・イレギュラーなケースにも対応します。
・自分でやろうと思ったけど、面倒で途中でやめてしまった場合もご依頼いただけます。
・他の登記事項もついでに確認します。

手続き費用

事務所報酬12,000円(税別)+実費(登録免許税、登記記録の閲覧費用、登記事項証明書取得費用)
※不動産の個数5物件まで
※登記記録上の住所と現住所が異なるときは住所変更登記が必要となり、費用が加算されます(事務所報酬として8,000円(税別)、登録免許税)
※事案により異なりますので詳しくはお問い合わせください

お見積り例

①住宅ローン完済によりご自宅の抵当権を抹消するケース
・ご自宅は土地1筆、建物1棟

事務所報酬(抵当権抹消)12,000円(税別)
登録免許税(抵当権抹消)
・土地1筆建物1棟 計2物件
・1,000円×2=2,000円
2,000円
登記情報閲覧  2通
・335円×2=670円
670円
登記事項証明書 2通
・500円×2=1,000円
1,000円
消費税960円
            合  計16,630円(税込)

②住宅ローン完済によりご自宅の抵当権を抹消、抵当権設定時と住所が違うケース
・ご自宅は土地1筆、建物1棟
・抵当権設定後、住所を移転をしている

事務所報酬(抵当権抹消)12,000円(税別)
事務所報酬(住所変更)8,000円(税別)
登録免許税(抵当権抹消)
・土地1筆建物1棟 計2物件
・1,000円×2=2,000円
2,000円
登録免許税(住所変更)
・土地1筆建物1棟 計2物件
・1,000円×2=2,000円
2,000円
登記情報閲覧  2通
・335円×2=670円
670円
登記事項証明書 2通
・500円×2=1,000円
1,000円
消費税1,600円
            合  計27,270円(税込)

ご依頼時の必要書類

  • 銀行から受け取ったもの(受け取った封筒をそのままお持ちください)
    • 解除証書・放棄証書など
    • 抵当権設定契約書
    • 登記識別情報(ない場合もあり)
    • 委任状(金融機関などの印鑑があるもの)
  • ご自分で準備するもの
    • 認め印
    • 運転免許証など身分証明書
    • 住民票など(住所変更登記が必要な場合/事案によるのでご依頼時に説明します)

取り扱い金融機関(敬称略)

  • 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)
  • 北洋銀行
  • 北海道銀行
  • 北海道信用金庫(旧札幌信用金庫)
  • ノースパシフィック株式会社
  • 道銀カード株式会社
  • 一般社団法人しんきん保証基金
  • 北石狩農業協同組合
  • 日本政策金融公庫
  • その他全国の金融機関すべて

事業資金を完済された方へ

当事務所では、農家さん、自営業者さんが事業資金を借り入れの際に設定した根抵当権・抵当権の抹消手続きも取り扱っています。
株式会社日本政策金融公庫、各農業協同組合など事業資金の根抵当権、抵当権の抹消手続きもご相談ください